新日鉄住金鹿島 反撃遅く「再三チャンスつぶした」

[ 2017年11月8日 05:30 ]

スポニチ後援第43回社会人野球日本選手権第6日・1回戦   新日鉄住金鹿島1―3日本新薬 ( 2017年11月7日    京セラドーム )

<新日鉄住金鹿島・日本新薬>2回2死一塁、大畑の打球を新日鉄住金鹿島の右翼手・高畠が好捕
Photo By スポニチ

 新日鉄住金鹿島はチャンスを確実にものにできず、中島彰一監督は「再三チャンスをつぶしましたからね」と苦笑いを浮かべるしかなかった。

 初回、先頭の藤本が三塁打で出塁しながら、後続が3者連続三振。6回1死三塁でも3番・林、4番・高畠が凡退した。8回にようやく1点を返したが、反撃が遅かった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月8日のニュース