法大・青木監督 沈痛…「責任を感じます」

[ 2017年10月9日 05:30 ]

東京六大学野球第5週最終日   法大7―8東大 ( 2017年10月8日    神宮 )

 法大はあと1点届かず連敗。ベンチ裏で選手が悔しさの大声を張り上げ、青木久典監督は「責任を感じます」と沈痛な表情だった。

 1回戦に救援して4失点した長谷川に前夜「背水の陣だからチャンスを生かせ」と話し、最上級生の意地に期待して先発させたが、初回に4失点。3番手で登板した4年生の熊谷も初球を3ランされた。優勝回数44度はリーグ2位。今季は東大に抜かれて最下位と苦しい戦いが続く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月9日のニュース