大谷 ”日本ラストマッチ”は快音なく2三振 チームは4連勝フィニッシュ

[ 2017年10月9日 17:11 ]

パ・リーグ   日本ハム3―1楽天 ( 2017年10月9日    kobo宮城 )

7回1死満塁、見逃し三振に倒れた日本ハム・大谷
Photo By スポニチ

 ポスティングシステムを利用して今オフに米大リーグへ移籍する意思を固めている日本ハムの大谷翔平投手(23)が9日、koboパーク宮城で行われた楽天との今季最終戦に「3番・DH」で先発出場。4打席に立ち、4打数無安打2三振で日本での”ラストマッチ”を終えた。

 大谷は無死走者なしで入った初回の第1打席では、楽天先発・美馬から2球連続の内角直球とフォークボール空振りでカウント1ボール2ストライクと追い込まれてから4球目の外角直球を見逃して三振。無死一塁で迎えた4回の第2打席では、すべて外角の変化球を見送った3ボールから4球目となった低めの直球を叩いて左翼フライに終わった。

 チームが2―1と逆転して迎えた5回の第3打席では、2死一塁の場面で全球直球の3球目に詰まって遊撃フライ。3―1となって迎えた7回の第4打席では、1死満塁のチャンスで2番手左腕・高梨と対峙(じ)したが、フルカウントからの6球目スライダーを見逃し三振に終わった。

 「4番・投手」で先発出場した4日のオリックス戦(札幌D)では投手として2安打10奪三振で完封、打者として1安打を放つ離れ業を演じた大谷。この日の楽天戦が日本でのラストマッチとなる可能性が高い。自身はノーヒットに終わったが、チームは3―1で逆転勝利。今季を4連勝でフィニッシュし、大谷の門出を祝った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月9日のニュース