DeNA今永 仮想阪神に納得無失点 “キラー”順調「思い通り」

[ 2017年10月9日 05:30 ]

練習試合   DeNA8―2JR東日本 ( 2017年10月8日    横浜 )

<DeNA・JR東日本>3回2安打無失点と好投したDeNA先発・今永
Photo By スポニチ

 CSファーストS初戦先発が濃厚なDeNAの今永が社会人のJR東日本との練習試合に先発し、3回を2安打無四球で無失点。「自分のボールを投げきることに重きを置いた。直球は思い描いた通りに投げることができたし、変化球もカウント球にも決め球にもできた」と振り返った。

 ファーストSで対戦する「仮想・阪神打線」で臨んだ。「戦略上、誰とは言えませんけど」とはぐらかしたが、左右で相手打者を頭に描いて投球の組み立てを行った。この日は打者9人中、7人はストライク先行の投球で最速は145キロを計測。ラミレス監督も「非常に素晴らしかった」と満足げな表情だ。

 チームトップの11勝を挙げている2年目左腕。阪神戦は今季3勝1敗で、CSの舞台となる甲子園では3戦3勝、防御率0・48と抜群の相性を誇る。「いいイメージだけを持って調整していく」と今永。“虎キラー”が、決戦へ向けて順調な仕上がりを披露した。(中村 文香)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月9日のニュース