ヤクルトドラ1寺島 台湾ウインターL参加へ オフも野球漬け

[ 2017年10月9日 05:30 ]

ヤクルトの寺島
Photo By スポニチ

 ヤクルトドラフト1位の寺島が今オフに台湾でのウインターリーグに参加する。9日から始まるフェニックス・リーグに向け、宮崎入り。3試合前後に登板予定で「真っすぐをしっかり投げられるように。(足や肘の負傷で)体が萎縮している感じ」と課題を挙げた。

 今季は2月のキャンプ中に左内転筋の筋膜炎で離脱するなど出遅れ、9月30日の中日戦でプロ初登板して4回途中5失点KOだった。オフは宮崎、台湾と野球漬けの生活を送り、来季の飛躍につなげる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月9日のニュース