負ければ終戦 第3戦先発のマー「やることは変わらない」

[ 2017年10月9日 05:30 ]

ア・リーグ地区シリーズ第3戦   ヤンキース―インディアンス ( 2017年10月8日    ニューヨーク )

記者会見で笑顔を見せる田中
Photo By スポニチ

 ヤンキースの田中は8日(日本時間9日午前8時38分開始予定)のインディアンスとの地区シリーズ第3戦先発へ、ヤンキースタジアムで最終調整の後、記者会見に臨んだ。

 「一番は自分のいいボールを数多く投げること。プレッシャーは感じるが、やることは変わらない」。負ければ終戦となる一戦にも、「自分が流れ、雰囲気を変えられればいい。自分のできることをやって結果的にそういう形になれば」と意気込んだ。

 ジョー・ジラルディ監督は「15三振を奪った前回登板(9月29日ブルージェイズ戦)のような投球を期待している」と言及した。逆襲に向けてチームを勢いづける快投を期待した。(ニューヨーク・大林 幹雄)

 ▼インディアンス、テリー・フランコナ監督(田中のスプリットについて)ストライクゾーンからボールになる球を見極めろと言うのは簡単だが、実際には難しい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月9日のニュース