大阪桐蔭 夏の王者・花咲徳栄を撃破 2年・藤原3安打3打点

[ 2017年10月9日 05:30 ]

愛媛国体・高校野球硬式の部準々決勝   大阪桐蔭7―4花咲徳栄 ( 2017年10月8日    坊っちゃんスタジアム )

<大阪桐蔭・花咲徳栄>7回2死三塁、大阪桐蔭・藤原が右前へ適時打を放つ
Photo By スポニチ

 センバツ優勝校・大阪桐蔭が夏の王者・花咲徳栄を破った。1点を追う4回2死一、二塁から藤原が左翼線へ逆転の2点適時二塁打。外角低めの直球をうまく仕留めた。

 3回の左中間二塁打も外の球をはじき返したもの。3安打3打点の活躍に「踏み込めてうまく打てた」と笑った。U―18W杯にも出場した2年生は「代表の経験が生きている。外の球に強くなった」と手応えを示した。

 ▼花咲徳栄・西川(ドラフト候補が7回に高校通算31号)力は出しきりました。(進路は)プロ一本です。選ばれたところでプレーしたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月9日のニュース