日本ハム ファンと大谷に送る4連勝 有原2年連続2桁勝利

[ 2017年10月9日 17:17 ]

パ・リーグ   日本ハム3―1楽天 ( 2017年10月9日    kobo宮城 )

7回1死満塁、石井一の適時打で生還した三走・渡辺(右)とタッチを交わす次打者・大谷
Photo By スポニチ

 日本ハムが楽天に3―1で逆転勝利。昨季の日本一から一転、パ・リーグ5位に終わった今季を4連勝で終えた。

 日本ハムは0―1で迎えた4回、2死一、二塁から横尾の左前適時打で同点。5回には2死走者なしから松本の二塁打で2死二塁としてから石井一のゴロが一塁手の敵失を誘って2―1と勝ち越した。7回には2四球に敵失もあって1死満塁とし、ここで登板した2番手・高梨の初球を石井一が叩いて中前へ適時打。最後はリードを2点に広げて逃げ切った。

 楽天は初回、1死三塁から銀次の左前適時打で先制。日本ハム先発の有原から3回までに7安打を放ちながらあと1本が出ず、逆転負けで連勝が2で止まった。

 日本ハム・有原は7回で9安打を浴びながら1失点に抑え、今季10勝目(13敗)。11勝を挙げた昨季に続いて2年連続の2桁勝利をマークした。日本での”ラストマッチ”となった大谷は「3番・DH」で先発出場したが、4打数無安打2三振に終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月9日のニュース