東海大菅生 三本松を返り討ち 7回6連打6点

[ 2017年10月8日 05:30 ]

愛媛国体・高校野球硬式の部1回戦   東海大菅生9―2三本松 ( 2017年10月7日    坊っちゃんスタジアム )

<東海大菅生・三本松>6回1失点と好投した東海大菅生・松本
Photo By 共同

 東海大菅生(東京)は今夏の甲子園準々決勝の再現で三本松(香川)を返り討ち。7回に6連打で一挙6点を奪い、コールド勝ちを収めた。

 先発した3年生の松本は6回1失点で「久々の実戦でいい投球ではなかったけど要所で粘れた」。卒業後は亜大に進学する予定。1番を打つ2年生の田中が2本の三塁打を放つなど3打点で打線をけん引。秋季大会は1次予選で二松学舎大付に敗れ、来春のセンバツ出場は絶望的になり「国体にかけていた」と汗をぬぐった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月8日のニュース