ダイヤモンドバックス 悔しい カーショーから4発も全てソロ

[ 2017年10月8日 05:30 ]

ナ・リーグ地区シリーズ第1戦   ダイヤモンドバックス5―9ドジャース ( 2017年10月6日    ロサンゼルス )

<ドジャース・ダイヤモンドバックス>初回、ターナー(右)に3ランを浴びるダイヤモンドバックスのT・ウォーカー(AP)
Photo By AP

 自身初のプレーオフで1回4失点のダイヤモンドバックス先発T・ウォーカーは「精神的には落ち着いていた。変化球を見逃されて、速球を捉えられた」と悔しがった。

 リーグNo・1左腕カーショーから放った4本塁打は全てソロで、投手陣の乱調をカバーできなかった。トーリ・ロブロ監督は「まだ1試合だ。普段やっていることができなくて負けた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月8日のニュース