法大・青木監督 東大に89年ぶりに勝ち点許し「申し訳ない」

[ 2017年10月8日 18:25 ]

東京六大学秋季リーグ戦   法大7―8東大 ( 2017年10月8日    神宮 )

 リーグ優勝回数44度を誇る法大は、最下位が定位置の東大に2連敗を喫した。2戦2敗で東大に勝ち点を許すのは1928年秋以来89年ぶりの悪夢。青木監督は「申し訳ない」とうつむきながら声を絞り出した。

 1回に4点を先に失った。1点差に迫った後の4回にも2本塁打を浴びて4失点。16安打で7点を挙げた打線の頑張りはふいになった。監督は「背水の陣で、チャンスをものにしないといけないといってきたが…」と無念さを隠せなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月8日のニュース