明石商 2年ぶり2度目の秋季県大会優勝 狭間監督「よく勝ちましたね」

[ 2017年10月8日 18:34 ]

秋季兵庫大会決勝   明石商3―2西脇工 ( 2017年10月8日    明石トーカロ )

<明石商・西脇工>2年ぶり2度目の優勝を決め、明石商・加田はマウンド上で力強くガッツポーズ
Photo By スポニチ

 明石商が2年ぶり2度目の優勝を飾った。エース左腕の加田悠真投手(2年)が6安打2失点で完投。完封目前の9回に1点差に迫られたが、後続を打ち取り逃げ切った。

 狭間善徳監督は「今年のチームはそんなに強くなかった。一番しんどいゾーンでしたが、よく勝ちましたね」と、報徳学園や育英といった強豪を倒しての頂点に感慨深げ。21日開幕の近畿大会に向け「もう一回、基本に帰って練習していきたい」と先を見すえた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月8日のニュース