大谷「東北は生まれ育った場所」“故郷”に錦を

[ 2017年10月8日 05:30 ]

落球して笑顔を見せる大谷
Photo By スポニチ

 仙台は敵地だが、同じ東北出身の日本ハム・大谷は常に大声援と万雷の拍手を一身に浴びてきた。「郷土の誇り」であるだけでなく、それほど印象深い活躍を見せてきたからだ。

 プロ1年目の13年7月10日、プロ初本塁打を放った仙台。昨年5月29日に初めてDH解除の「リアル二刀流」で出場したのも仙台。この日の練習後、大谷は「仙台…そうですね、(出身地の)岩手からしたら都会なので」と冗談めかしたが、東北のファンの熱い声援はいつも力の源だった。かつて、大谷は「東北は生まれ育った場所」と言ったこともあった。日本ラスト。「故郷」に錦を飾る大谷を見届けたい。(日本ハム担当・柳原直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月8日のニュース