筒香 虎狩りへ“データ無視” CSファーストSで激突

[ 2017年10月8日 05:30 ]

ティー打撃を行う筒香
Photo By スポニチ

 データは気にしない!DeNAの4番・筒香がCSファーストSの阪神戦に向け「悪いといっても“ゼロ”なわけではない。やってみないと分からない」と話した。阪神戦は今季の対戦打率が・227。セ5球団で最も低い数字であることに対する言葉だった。

 もちろん、決戦に向けての準備は周到に行う。相手先発の情報が入り次第、ビデオ映像で改めて研究する。どのくらい見るか?の問いには「7時間くらいかな」と不敵に微笑んだ。

 この日は横浜スタジアムでの全体練習に参加し、フリー打撃では逆方向を中心に42スイング。「体を良い状態に保てるように」と軽めの調整を行った。ラミレス監督も「阪神戦の数字は良くないが、短期決戦では何が起こるか分からないからね」と主砲の奮起を予告した。(中村 文香)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年10月8日のニュース