駒大苫小牧 逆転サヨナラ勝ちで4年ぶり秋季大会制覇に王手

[ 2017年10月8日 17:58 ]

第70回秋季北海道高校野球大会準決勝   駒大苫小牧7―6札幌日大 ( 2017年10月8日    札幌円山 )

<札幌日大・駒大苫小牧>延長12回逆転サヨナラ勝ちの駒大苫小牧ナイン
Photo By スポニチ

 駒大苫小牧が札幌日大に延長12回逆転サヨナラ勝ちして、4年ぶりの秋季大会制覇に王手をかけた。

 駒大苫小牧は延長10回に守備のミスで2点を勝ち越されたが、その裏に3長短打と相手ミスを絡めて同点に。延長12回に再び勝ち越されたが、その裏に無死満塁から2者連続の中犠飛で劇的勝利をつかんだ。

 延長12回1死二、三塁でサヨナラ犠飛を放った荻田隼斗捕手(2年)は「あきらめずに力を出し切ろうとしたのが勝ちにつながった」と喜んだ。駒大苫小牧は9日の決勝で、旭川実と対戦する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年10月8日のニュース