智弁学園 春夏連覇へ発進! 2年太田、ハムスカウトも絶賛

[ 2016年8月8日 05:30 ]

<出雲・智弁学園>初回1死二塁、先制2ランを放つ太田

第98回全国高校野球選手権大会第1日・1回戦 智弁学園6―1出雲

(8月7日 甲子園)
 第98回全国高校野球選手権大会第1日が7日に甲子園で開幕し、1回戦3試合が行われた。史上8校目の春夏連覇を狙う智弁学園(奈良)は初回に太田英毅二塁手(2年)が決勝の先制2ランを放つなど初出場の出雲(島根)を投打で圧倒し2回戦に進んだ。開幕戦に登場した鳴門(徳島)は手束海斗外野手(3年)が初回に先制2ランを放つなど序盤のリードを守り切った。開幕戦の初回本塁打は1976年に東海大相模・津末英明が釧路江南戦で記録して以来、40年ぶり。大会第1日の全3試合の初回に本塁打が出たのは大会史上初めてだった。

 春夏連覇への号砲だった。初回1死二塁で迎えた今夏の初打席。1ボール2ストライクと追い込まれた後、智弁学園の2年生スラッガー・太田は高めに抜けてきた甘いチェンジアップを鋭いスイングで振り抜いた。舞い上がった打球はバックススクリーン左に吸い込まれる決勝の先制2ラン。自身の甲子園初アーチに自然と声が弾んだ。

 「最高です! 抜けると思ったので途中まで全力で走りました。まさか、入るとは思わなくて」。

 奈良大会では右すねを痛めていた影響もあり打撃フォームを崩してレギュラー最低の打率・211で本塁打なし、1打点と不振を極めた。選抜覇者としての重圧もあり「つらくて苦しかった」と振り返ったが、解放され本来の姿を取り戻した。

 相手のデータ野球を粉砕した。出雲は中国地方でも屈指の進学校で分析力に長けていた。「(奈良大会では)チェンジアップを打てていなかったので、チェンジアップをどこかで投げてくると思って、狙っていました。最後は直感です」。直前の真っすぐに差し込まれてファウル。ベンチの小坂将商監督を見ると「短く持て」の仕草があり、グリップを指一本分あまして持った。コンパクトに振る意識が出たことでチェンジアップにスムーズに対応できた。

 天性の長打力に各球団もマークしており来秋ドラフト候補に名前が挙がる。日本ハムの芝草宇宙スカウトは「スイングが強い。打球の捉え方がいい。速いボールにも遅いボールにも対応できる」と絶賛すれば阪神の山本宣史スカウトは「来年に向けて、ますます楽しみな存在」と評価した。

 太田の帽子のひさしの裏には『圧倒』と記されている。テレビ番組で尊敬するマーリンズのイチローが「周りを圧倒する。それがプロ」と語っていたのを見て書き込んだ。言葉通り、相手を圧倒し放った本塁打は高校野球101年目で“史上初”の文字を刻む一撃にもなった。指揮官は史上8校目の偉業に向け「甘いものじゃない」と意に介さなかったが、眠れる大砲が目覚めた意味は大きい。(水口 隆博)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月8日のニュース