広島エルド 代打で千金V弾「ここで1本が欲しいという場面」

[ 2015年8月23日 05:30 ]

<広・巨>8回1死一塁、代打・エルドレッドは中越えに2ランを放つ

セ・リーグ 広島2-1巨人

(8月22日 マツダ)
 大砲の価値、存在感をあらためて知らしめる一発だった。1点を先制された直後の8回1死一塁、代打出場の広島・エルドレッドが山口の初球をバックスクリーンへ運んだ。自力優勝の可能性消滅を阻止する9号逆転2ランは来日初の代打アーチ。8回1失点と好投した福井に最多9勝目をプレゼントする一撃でもあった。

 「ここで1本が欲しいという場面で最高の結果になった。いいポイントでとらえられたよ」

 4連敗中のチーム同様、自身も不調だった。16日に昇格したが先発した3試合を含め13打席無安打。この日の試合前にスイングを矯正し、好感触を得て試合に臨んだ。「上から叩くことを心掛けた。練習からセンターにライナーを打つことができ、その成果が出た」と振り返った。

 シンシア夫人と2人の愛娘は7月25日に三女・シシリアちゃんが生まれたため帰国中で、可能な限り電話をかけている。頭髪とアゴひげを短く切りそろえ、家族に安心を届けた。巨人戦は7年ぶりの勝ち越し決定。「相手にダメージを与えるのが自分の持ち味。これを続けたい」。昨季の本塁打王が逆襲へと導く。

 ▼広島・福井(8回1失点で自己新の9勝目)最後の最後で点を取られて悔しい気持ちはあったが、1点で終わったから本塁打が出たのかな。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年8月23日のニュース