中畑監督 自虐3拍子「打てない、守れない、投げられない」

[ 2015年8月23日 05:30 ]

<神・D>7回、ベンチで冴えない表情の中畑監督(中央)

セ・リーグ DeNA2-7阪神

(8月22日 京セラD)
 試合後、DeNA・中畑監督の第一声は「弱いなあ」だった。ついに借金は今季ワーストの9。前半戦を首位で折り返しながら、昨季終了時の借金8をも上回った。

 2つの適時失策に加え、同点の4回は白崎の野選から満塁とし、2死後に鳥谷に2点二塁打を浴びた。打線も7試合連続の3点以下。指揮官も「打てない、守れない、投げられない。3拍子そろってるよ」といつになく自虐的だった。

 ▼DeNA・白崎(野選、適時失策に加え、2回無死満塁で三振するなど3打数無安打)自分のミスでしかない。自分が腹立たしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年8月23日のニュース