ご機嫌メッセ、久々勝利に「スイマセン、ヒサシブリネ」8回11K快投

[ 2015年8月23日 16:56 ]

<神・D>チビっ子ファンと笑顔でハイタッチするメッセンジャー

セ・リーグ 阪神3―1DeNA

(8月23日 京セラD)
 阪神のメッセンジャーがDeNA打線を8回3安打1失点に抑えて今季8勝目をマーク。チームの3連勝&首位キープに大きく貢献した。

 初回からテンポ良く投げ、7回までわずか1安打で二塁すら踏ませない圧巻の投球。8回に2死二塁から嶺井にタイムリーを浴びて今季初完封を逃し、最終回はマウンドを守護神・呉に譲ったが、8回で108球を投げ、無四球の11奪三振という内容だった。

 自身3連敗中で、もしもこの試合で負ければ来日初の4連敗となっていたメッセンジャー。それだけに、試合後、先制打など2打点の福留とともに上がったお立ち台では「スイマセン、ヒサシブリネ」と日本語で切り出し、満面の笑み。「きょうの1勝でどんどん乗っていきたい」とご機嫌だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月23日のニュース