母子競演!広島エルド 息子V打も本塁打じゃなくて「ゴメンナサイ」

[ 2015年8月23日 21:49 ]

<広・巨>6回2死二塁、左前適時打を放つエルドレッド

セ・リーグ 広島2―1巨人

(8月23日 マツダ)
 本塁打こそ打てなかったが、母親の前で大仕事をしてみせた。広島のエルドレッドが6回に決勝の勝ち越し打。この日、1日限定のホームランガールを務めた来日中の母・シンディさんも大喜びだった。

 母が見守るお立ち台では「非常にうれしいです。厳しい球だったが、何とかショートの頭を越えてくれた」

 第2打席まで2打席連続三振。ようやく第3打席、同点の6回2死二塁から詰まりながらも中前にはじき返す決勝打で期待に応えた。ただ、シンディさんから直接、スラィリー人形が手渡される本塁打は打てず「ゴメンナサイ。もう一回チャンスがあったら本塁打を打ちたい」と熱望。前日の決勝弾に続く2戦連発はならなかったが、連夜の打のヒーローとなり最高の親孝行となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月23日のニュース