斎藤佑でハム連勝止まった…5失点抹消も指揮官再チャンス示唆

[ 2015年8月23日 05:40 ]

<日・オ>6回2死二、三塁、山崎に右前適時打を打たれ崩れ落ちる日ハム・斎藤

パ・リーグ 日本ハム1-10オリックス

(8月22日 東京D)
 先発再転向から3度目のマウンドでも、日本ハム・斎藤は今季初白星を飾れなかった。「悔しいけど(山崎勝には)自分ができる精いっぱいの球を投げられた。ただ、最後のホームランは余計だった」。0―1の6回2死から安打と四球に捕逸が絡んで二、三塁。9番・山崎勝をフォークで打ち取ったと思ったが、打球は二塁手・田中のグラブをすり抜けていった。右前2点打を許すと、直後に新人・小田の右越え2ランを浴びた。

 5回2/3を5失点。5回まで1失点と踏ん張っていただけに、斎藤は「あのまま1点だったら、試合も分からなかった」と反省した。先発枠の関係で、23日に出場選手登録を抹消される。チームの連勝も5で止まったが、栗山監督は先発復帰した右腕を「これで方向性も見えた」と評価。9月に再び先発チャンスが巡ってきそうだ。(横市 勇)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月23日のニュース