守護神つかまり3連敗、サヨナラ苦杯に緒方監督「負けの責任は俺」

[ 2015年4月2日 23:12 ]

12回、DeNA・梶谷(奥右から2人目)にサヨナラ打を打たれ、肩を落として引き揚げる広島・ヒース

セ・リーグ 広島2―3DeNA

(4月2日 横浜)
 広島は延長12回にサヨナラ負けした。6年ぶりのDeNAとの同一カード3連敗で、巨人と並んで最下位の5位に転落。緒方監督は「痛いね。負けの責任は俺。(3日からは)場所もカードも変わるし、切り替えていかないと」と小さな声だった。

 8回に新人の野間の適時三塁打で追い付いたが、勝ち越しはできず、最後は抑えのヒースがつかまった。1死一、三塁からサヨナラ打を許した守護神は「調子は良かった。悪い内容ではなかったけど」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月2日のニュース