西武 今季初おかわり弾で開幕5連勝「いいバッティングができた」

[ 2015年4月2日 17:56 ]

<楽・西>2本塁打の中村(右)と来日初勝利のルブラン

パ・リーグ 西武6―1楽天

(4月2日 コボスタ宮城)
 中村が2打席連続本塁打を放つ活躍を見せ、西武が24年ぶりとなる開幕5連勝を飾った。

 1点を先制された西武は4回、浅村のソロで同点に追いつくと、続く打席には「何とかもう1点」と中村。楽天先発・美馬が投じた5球目をフルスイングすると、打球はレフトのフェンスを越える勝ち越し弾となった。

 続く5回にも中村は弾丸ライナーでライトスタンドに突き刺さる2ラン。「ちょっと詰まり気味だったが、いいバッティングができた」とその感触を振り返り、満足そうにうなづいた。

 今季初のおかわり弾でチームは91年以来となる開幕5連勝。中村は「いい雰囲気で試合ができている。このかんじでこれからも戦いたい」と力強く語った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月2日のニュース