ヤクルト山田 三塁打のち満塁弾「準備していました」

[ 2015年4月2日 21:41 ]

<ヤ・神>8回1死満塁 山田の打球は、マートンの頭上を越え満弾になる

セ・リーグ ヤクルト9―2阪神

(4月2日 神宮)
 ヤクルト・山田が阪神戦で今季1号となる2ランとグランドスラムを続けて放ち、1試合6打点と気を吐いた。

 8回1死満塁の5打席目。阪神・榎田の初球を振り抜いた打球は左翼席へ。審判団は本塁打と判定せず、ボールインプレーとなったため、三塁でストップ。その後、真中監督の抗議によりビデオ判定でホームランとなった。

 山田は「コーチから多分入っていると言われて、(心の)準備をしていました」と山田。“一時停止”したものの、すぐにホームイン。阪神にとどめを刺す一撃となった。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月2日のニュース