先発投手、日本選手に注目 9日からWミーティング

[ 2014年12月8日 08:45 ]

 米大リーグのウインターミーティングは8日(日本時間9日)から、サンディエゴで4日間の日程で行われる。各球団首脳や代理人らが集まる場で、フリーエージェント(FA)選手の契約や移籍がまとまることが多い。今年は本格派左腕レスターら先発投手の動向が注目される。ヤンキースからFAになったイチローら日本選手の契約が決まる可能性もある。

 FA投手にはレスターのほか、タイガースで2年連続最多勝のシャーザー、ロイヤルズの29年ぶりのワールドシリーズ進出に貢献したシールズらがいる。

 所属が決まっていない主な日本選手はロイヤルズからFAの青木、ヤンキースで11勝の黒田ら。また鳥谷がプロ野球阪神から海外FA権を行使して大リーグ移籍を希望している。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月8日のニュース