ナショナルズ ノーヒッター男ジマーマンに契約延長を打診

[ 2014年12月8日 17:08 ]

ノーヒットノーランを達成したナショナルズのジマーマン(AP)

 米メディアは7日、ナショナルズが15年シーズン終了後にフリーエージェントとなるジョーダン・ジマーマン投手(28)に対して契約延長を希望していると報じた。

 07年にドラフト2巡目(全体67位)でナショナルズから指名されたジマーマンは09年にメジャーデビュー。着実に力をつけて11年に先発投手としてローテーションの一角を担うようになると、昨季は19勝を挙げて最多勝に輝いた。今季も14勝を挙げ、防御率2・66とチームの地区優勝に貢献。シーズン最終戦となる9月28日のマーリンズ戦ではノーヒットノーランも達成した。

 すでにナショナルズはジマーマンと1月に来季までの2年総額2400万ドル(約28億8千万円)という契約を交わしているが、現在フリーエージェントとなっているレスターやシャーザーが6年程度の長期契約を結ぶものと思われ、球団としてもその流れを踏襲してジマーマンに長くチームで活躍してもらいたい考えのようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年12月8日のニュース