ツインズが元阪神のボーグルソンと交渉中

[ 2014年12月8日 12:17 ]

 米メディアは7日、ツインズがジャイアンツからフリーエージェント(FA)となっているライアン・ボーグルソン(37)と交渉中であると伝えた。

 メジャー通算で49勝を挙げているボーグルソンは98年にドラフト5巡目(全体158位)でジャイアンツから指名されると、その後、パイレーツを経て、07年からは阪神、オリックスで計3年間日本球界でも活躍した。

 10年にマイナーながらも米球界へ復帰すると、翌年11年に古巣のジャイアンツと契約。今季は32試合で184回2/3を投げて8勝、防御率4・00をマーク。ジャイアンツのここ5年で3度目のワールドシリーズ制覇に貢献した。

 また、ツインズはロッキーズからボーグルソンと同じくFAとなっている左腕のブレット・アンダーソン(26)とも交渉中であるとのこと。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月8日のニュース