オリ東明 1000万円増でサイン、来季は「先発をやりたい気持ち」

[ 2014年12月4日 08:08 ]

1000万円アップで契約更改を終え、会見で笑顔のオリックス・東明

 オリックス新人の東明が契約更改し、1000万円アップの2200万円(推定)でサインした。今季は先発、中継ぎの両方で5勝するなど貢献したが、「来年は先発をやりたい気持ちがある。2桁勝ちたい」と目標を高く設定。オフも高い意識で練習するつもりだ。開幕戦でサヨナラ打を打たれて始まったプロ生活で「アウトを1つも取れず、これからやっていけるのか」と思ったそうだが、サヨナラ打を打たれた小谷野が同僚になることに「(自分が先発の時に)打ってほしいですね」と笑っていた。

 ≪小松巻き返す、1300万円減≫今季4試合登板に終わったオリックス・小松が、野球協約の定める減額制限の25%を超える1300万円減の1800万円でサインした。チームは6年ぶりのAクラスだが、「(1軍の)輪に入れず、悔しい1年だった。来年は貢献できるように」と、08年の新人王は復活に力を込めた。今オフは体の柔軟性を高めることで、投球フォームを改善させるつもり。早くも巻き返しを考えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月4日のニュース