ソフトバンク、松坂獲得を発表 5日に福岡市内で会見

[ 2014年12月4日 15:31 ]

米国から帰国した松坂

 ソフトバンクは4日、米大リーグのメッツからFAとなった松坂大輔投手(34)の獲得を発表した。3年契約で、年俸総額12億円プラス出来高払い。背番号は「18」。5日に福岡市内のホテルで入団会見が行われる予定。

 西武から2006年オフにポスティングシステムでメジャー移籍した松坂はレッドソックス、インディアンス、メッツの3球団でプレー。今季はメッツで34試合に登板し、3勝3敗1セーブ、防御率3・89だった。「先発にこだわりたい」として9年ぶりとなる日本球界復帰を選択。3日に成田空港着の航空機で自宅のある米ボストンから帰国した。

 松坂は体重を西武時代の04年当時の85キロまで落とすことを決意。パワー重視だったメジャー流ボディーから日本流に肉体改造し、あと36勝に迫った日米通算200勝を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月4日のニュース