選手会、中日・大島らを支援 契約更改の提示額保留で

[ 2014年12月4日 17:45 ]

 中日の大島洋平外野手らが契約更改交渉で球団からの評価に納得できず、提示額を保留していることについて、日本プロ野球選手会の松原徹事務局長は4日、「12球団のデータは持っている。アドバイスはしている」と話し、選手会として支援する姿勢を強調した。

 今季186安打を放った大島は、1775万円増の年俸7400万円の提示を保留。開幕4番を務めた平田良介外野手も1200万円増の年俸4700万円を保留している。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月4日のニュース