西武・岸は2500万円増の2億2500万円「満足したシーズン」

[ 2014年12月4日 14:56 ]

ケーキを手に笑顔の西武・岸

 西武の岸孝之投手(30)が埼玉県所沢市で契約更改交渉し、2500万円増の2億2500万円プラス出来高払いでサインした。

 岸は昨オフ3年総額で最高12億円となる大型契約を結び、来季が2年目となる。年俸変動制のため今季の2億円プラス出来高払いから、アップとなった。

 「好不調の波が激しくなく、満足したシーズンだった」と話した。今季はチーム最多の13勝をマークした。5月2日のロッテ戦(QVCマリン)で史上78人目(89度目)のノーヒットノーランを達成し、勝率第1位で自身初タイトルも獲得した。正真正銘のエースに成長した右腕は「タイトルは嬉しいです。負けると面白くないし、勝たないと意味がない」と意気込んだ。

 この日誕生日を迎えた岸は会見後、サプライズで報道陣からケーキをプレゼントされ笑顔を見せた。(金額は推定)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月4日のニュース