中日ドラ1野村に優秀賞「経験生かす」 社会人関東連盟が納会

[ 2014年12月4日 05:30 ]

 社会人野球の日本野球関東地区連盟の納会が3日、都内で行われた。中日からドラフト1位指名を受けた三菱日立パワーシステムズ横浜の野村は関東選抜リーグの優秀投手賞を受賞し「大観衆の中での経験はプロに生かされると思う」と話し、同じく阪神2位の新日鉄住金鹿島・石崎も「一番プロに近いレベルでやってきたことはプラスになる」と決意を口にした。

 また、12月1日付で慶大の監督に就任したJX―ENEOSの大久保秀昭前監督は特別功労賞を受賞し「9年間、たくさん勝たせていただいた。選手や会社の協力のおかげ」と感謝していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月4日のニュース