阿部 来季一塁での受賞に気合「戻って来られるように頑張る」

[ 2014年12月4日 05:30 ]

<2014三井ゴールデン・グラブ賞授賞式>受賞して記念写真に納まる(前列左から)菊池、森野、阿部、前田健、金子、伊藤、T-岡田、藤田(後列同)大和、大島、丸、鳥谷、村田、松田、今宮、陽、糸井、柳田

「第43回三井ゴールデン・グラブ賞」表彰式

 巨人・阿部は早出特守で、来季は一塁手としてのゴールデン・グラブ獲得を目指す。捕手としての受賞はこれが最後。金色のキャッチャーミットを贈られ「(守備は)試合の流れをワンプレーで変えられる。勝つために必要なもの」と感慨深げだった。

 壇上では一塁手で選ばれた中日・森野の隣に座り「一塁でも獲れるように。この場に戻って来られるように頑張りたい」。2月の春季キャンプでは井端が行う全体練習前の早朝ノックに参加志願し、守備力を高める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月4日のニュース