MLBが大谷ぞっこん!モーノー「米でも二刀流を」指揮官も絶賛

[ 2014年11月19日 05:30 ]

3回無死一、三塁 アルテューベのとき 捕逸で先制点を挙げ喜ぶ大リーグ選抜

日米野球第5戦 MLB選抜3―1侍ジャパン

(11月18日 札幌D)
 意地の連勝締めにも大リーガーの誰もがマウンドの大谷に注目していた。初回から3者連続三振を喫するなど、4回で7三振。ジョン・ファレル監督は「100マイル(約161キロ)も投げたし、直球以外も優れていると感じた。素晴らしい将来がある。世界中どこの野球界においても通用すると思う」と最大級の賛辞を贈った。

 好奇の目は、本気のまなざしに変わった。3回無死一、三塁では捕逸の間に三塁走者が先制のホームを踏み、一塁走者エスコバルは一気に三塁へ。アルテューベの内野ゴロの間にリードを2点に広げた。「少しの失投や四球につけ込み、得点できた」と指揮官。2本塁打を含む6長打で初勝利を挙げた16日の第4戦(東京ドーム)からは一転。なりふり構わず、剛腕から1点を奪いにいった。

 初回にフォークボールに空振り三振した3番モーノーは米国での再会を待ち望んだ一人だ。「彼はメジャーに来るべきだ。打撃もいいんだろ?メジャーで二刀流にチャレンジすべきだ」。今季ナ・リーグ首位打者で、今シリーズは2本塁打、6打点はいずれもトップ。自身も17歳まではアイスホッケーとの二刀流だったスラッガーの目は真剣だった。

 大リーグ選抜のベンチには、キロからマイルへの球速換算表が貼られていた。大谷の一投ごとに、多くの大リーガーがそこを振り向いた。弱冠20歳の大器は、メジャーをもとりこにしていた。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月19日のニュース