日本ハムがレアード内野手獲得 小谷野&大引の穴埋め期待

[ 2014年11月19日 05:30 ]

ブランドン・レアード内野手

 日本ハムは18日、来季の新外国人として、今季はナショナルズ傘下3Aでプレーしたブランドン・レアード内野手(27)を獲得したと発表した。1年契約で年俸6000万円プラス出来高払い。

 大リーグ通算で53試合に出場し、打率・197、6本塁打、16打点。今季はマイナーで打率・300、18本塁打だった。小谷野や大引がFA権を行使し、手薄となる可能性のある内野で一塁と三塁の複数ポジションをこなせる選手として期待されている。球団を通じ「成長著しいチームでプレーできることに胸が高まる」とコメントした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月19日のニュース