駒大 阪神ドラ3江越、全得点に絡む活躍で有終の美

[ 2014年11月19日 19:07 ]

明治神宮大会 大学の部決勝 駒大3―0明大

(11月19日 神宮)
 ドラフト会議で阪神から3位指名された駒大の江越が全得点に絡んだ。有終の美を飾り「最後の最後で日本一になれてうれしい」とはにかんだ。

 6回は2死二塁で打席へ。砂川が好判断で三盗した後に放った遊ゴロが一塁手の捕球ミスとなり、先制点が入った。8回には中前に落ちる2点適時二塁打。「落ちてくれると信じて走っていた。良かった」と声を弾ませた。

 プロの舞台に向け「今までやってきたことに自信を持ち、持ち味を出せるように頑張りたい」と意気込みを口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月19日のニュース