マエケン 日米野球12日開幕投手OK 紅白戦登板、メジャー球手応え

[ 2014年11月8日 05:30 ]

紅白戦で力投する前田健

広島紅白戦 紅組6―6白組

(11月7日 天福)
 「2014 SUZUKI日米野球(12日開幕)」でMLB選抜と対戦する「侍ジャパン」は8日、福岡市内で始動する。第1戦(12日、京セラドーム)の先発が予想される広島・前田健は7日、宮崎県日南市で行われた広島の紅白戦に登板した。実戦でメジャー公式球を投じるのは、昨年3月のWBC以来、1年8カ月ぶり。

 3回を3安打2失点も「自分にできることはやりました。細かいことはまだまだですが、大まかな部分は十分。状態もいいし、しっかりと肩をつくることができました」と収穫を口にした。序盤は違和感から珍しく制球に苦しんだ。2回2死二、三塁、丸に2点適時打を浴びたが「試合形式で投げられたことが良かった。1度投げて次は本番。いい形で実戦を組んでもらえて良かった」と表情は明るかった。この日はスパイクを赤から紺に履き替え「サムライ仕様」でマウンドに上がった。準備は完了。日本のエースとなるべき男は、本場の強打者相手に高ぶる思いをぶつける。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月8日のニュース