大谷「ゼロに抑えたい」中田「とにかく楽しむ」代表合流へ意気込み

[ 2014年11月8日 15:29 ]

 日本ハムの大谷と中田が8日、日本代表合宿が行われる福岡市で取材に応じ、意気込みを語った。

 チーム最年少の20歳での代表入りとなる大谷は「頑張りたいと思う。凄い方たちばかりなので何とか付いていけるようにしたい。ゼロに抑えたい。自分の良さを出せれば、その中にストレートは間違いなく入っている」と今季プロ野球最速の162キロをマークした直球をアピールする構えだ。

 また、中田は「プホルスを見たかったが、家庭の事情で欠場ということで残念」と話し、4番を任される自分の打撃については「メジャーのパワーは桁違いだが、とにかく楽しみたい」と“パワー合戦”に意気込んでいた。

 日本代表はこの日、福岡市に集合、調整を経て10日に壮行試合を行い、12日開幕の日米野球に臨む。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月8日のニュース