昨季は楽天、マギーらにカムバック賞 マーリンズで自己最多安打

[ 2014年11月8日 09:05 ]

 米大リーグは7日、今季の「カムバック賞」を発表し、ナ・リーグはマーリンズの内野手マギーが選ばれた。昨季はプロ野球楽天でプレーした32歳の同選手は、打率2割8分7厘、76打点で自己最多の177安打を放った。選手間の投票によるカムバック賞にも選出されていた。

 ア・リーグはマリナーズの先発で活躍した35歳のヤングが受賞。2013年は故障などでメジャーでの登板がなかったが、今季は12勝9敗、防御率3・65の成績を残した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月8日のニュース