DeNAドラ1山崎 番長流投げ込みで先発ローテ狙う

[ 2014年11月8日 05:30 ]

DeNAドラフト1位の亜大・山崎

 DeNAからドラフト1位指名された亜大の151キロ右腕・山崎が、来春キャンプで「番長流」の投げ込みで先発ローテーション入りをアピールする。

 「(亜大では)1日で最高500球ぐらい投げたことがあります」と肩のスタミナには自信を持っているが、DeNAではエース三浦の投げ込みが有名。今春のキャンプでも投手陣で断トツの2627球を投げ込んでいる。「小学生のときからプレーされている三浦大輔投手を尊敬しています。ブルペンで見て、学んで、吸収したいです」と闘志をみなぎらせた。

 この日は横浜市内の球団事務所で入団交渉を行い、契約金1億円、年俸1500万円で仮契約を結んだ。先月24日に指名あいさつを受けた際に中畑監督から「ハマのお坊さん」と命名されたが「ニックネームも気に入っています。ようやく気持ちが落ち着いてきました」と自覚も芽生えてきた様子。「もちろん先発をやりたいです」という即戦力右腕は、早くもブルペンで三浦と隣り合って投げる日を楽しみにしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月8日のニュース