西武・高橋 侍でオリ金子に学ぶ「握りだけでも見てみたい」

[ 2014年11月8日 05:30 ]

侍ジャパンに選出され、宮崎・南郷キャンプのブルペンで最終調整する西武・高橋

 西武守護神の高橋は、秋季キャンプ地の宮崎・南郷スタジアムで約40球を投げ込んで調整した。

 アマ時代を含めて代表とは縁がなかった左腕にとって日米野球は夢の舞台。「興奮している。凄い方々と同じチームで野球ができるので学んできたい」と意気込んだ。オリックス・金子の投球術に刺激を受けており「金子さんの(球の)握りだけでも見てみたい。近くで見させていただくだけでも勉強になる」と目を輝かせた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月8日のニュース