巨人ドラ1岡本は「普通の高校生ではない」 新2軍打撃コーチが決意表明

[ 2014年11月8日 05:30 ]

巨人ドラフト1位の智弁学園・岡本

 巨人の内田順三2軍打撃コーチが、東京・大手町の球団事務所で就任会見を行い、今秋ドラフト1位指名した高校通算73本塁打の岡本(智弁学園)について「ホームランを何十本も打つ。普通の高校生ではない。松井のように軸になる選手に育てないと」と、将来の4番候補として育てる決意を口にした。

 原監督は「岡本くんという素晴らしい選手も入ってくる。若手育成を期待しています」と話した。内田コーチは広島の2軍監督を今季限りで退任。巨人への復帰は1軍の打撃コーチを務めていた07年以来、8年ぶりとなる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月8日のニュース