パナソニック競り勝ち3大会連続8強 柳田大会タイ記録2打席連続弾

[ 2014年11月8日 05:30 ]

<パナソニック・JEF西日本>2回2死、パナソニック・柳田は左越えにソロ本塁打を放つ

スポニチ後援第40回社会人野球日本選手権第7日・3回戦 パナソニック3―2JFE西日本

(11月7日 京セラドーム)
 3回戦3試合が行われ、パナソニックは柳田一喜内野手(27)の大会記録となる2打席連続本塁打などでJFE西日本に3―2で競り勝ち、3大会連続の8強入りを果たした。トヨタ自動車はJFE東日本に6―1で快勝。NTT西日本は延長11回の末、2―1でHondaにサヨナラ勝ちした。

 パナソニックの柳田が大会タイ記録(23度目)となる2打席連続本塁打を放った。チームの8強入りに貢献し「(2打席連続は)社会人で初めて。たまたまです」と照れた。2回に藤谷の直球を、4回には陶山が得意のスライダーを「狙って」いずれも左翼へ打ち込んだ。神港学園(兵庫)時代に高校通算57本塁打したという1メートル67の小兵のパワーヒッター。立命大を経て5年目の今季は代打が主だったが、今大会初の先発8番に抜てきされての活躍に「いつもベストの準備をしていたから結果が出せた」と喜びをかみしめた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月8日のニュース