明大は新人戦3位 星7回無失点「今後に生きる」

[ 2014年11月8日 05:30 ]

東京六大学野球新人戦最終日・3位決定戦 明大7―0法大

(11月7日 神宮)
 154キロ右腕の明大・星が7回無失点と好投。最速146キロを軸にツーシームを交えて3安打に抑え「制球良くまとめられて良かった」と笑顔を見せた。

 今秋リーグ戦では中継ぎとして2試合に登板したが、10月に右足首を捻挫して離脱。復帰戦となった今大会は2試合計8回無失点の成績で「今後に生きる。明治神宮大会で完全復活できれば」と、14日に開幕する今年最後の公式戦に照準を合わせていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月8日のニュース