中日ドラ1野村締めた!谷繁監督も吉報にニンマリ

[ 2014年11月8日 05:30 ]

<オーストラリア・日本>9回、力投する野村

第1回IBAF21Uワールドカップ・1次ラウンドB組 日本9―7オーストラリア

(11月7日 台湾・台中)
 侍ジャパン21Uが逆転した直後の9回を締めたのは、中日にドラフト1位で指名された右腕・野村だ。

 見逃し三振、三ゴロ、空振り三振。「9回、同点になったら行くと言われていた。アウトを1つ取れてから落ち着けました」と話した。ナゴヤ球場での秋季キャンプ中に報告を受けた中日・谷繁兼任監督も「どんどん存在感を見せてほしいね」と目を細めていた。

 ▼北條(9回1死一、二塁で右前打。相手守備が乱れる間に三塁走者が生還して同点)開き直って打ちました。悪い部分もあったけど、勝てて良かった。

 ▼鈴木(3番・中堅でフル出場して3安打)シーズン中とは違った緊張感があった。楽しかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月8日のニュース