早大 立大の8連勝阻止!1年生大竹が7回1失点

[ 2014年10月20日 05:30 ]

<早大・立大>早大先発・大竹は7回を4安打1失点で勝ち投手になる

東京六大学野球第6週第2日 早大8―1立大

(10月19日 神宮)
 2回戦2試合が行われ、早大と慶大が雪辱し、ともに1勝1敗のタイとした。早大は大竹耕太郎投手(1年)が立大相手に7回4安打1失点で今季4勝目。立大は今季開幕8戦目で初黒星を喫した。慶大は横尾俊建内野手(3年)が初回に先制の左越え2点本塁打を放つなど明大を3―1で下した。

 早大の大竹が7回1失点でリーグトップに並ぶ4勝目を挙げた。初回、先頭打者に安打を許したが、捕手・土屋が二盗を阻止し、リズムをつかんだ。低めに丁寧に制球し2併殺を奪う内容に「併殺を狙う配球で狙い通りに取れた」。今秋ドラフト候補の中村主将は5回無死一塁から左中間を破る適時三塁打など2安打をマークし「勢いづいていきたい」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月20日のニュース