原監督 シーズン終了報告 渡辺最高顧問 100通り超の打順の話に言及

[ 2014年10月20日 17:35 ]

 巨人の原辰徳監督が20日、東京都千代田区の読売新聞本社を訪れ、渡辺恒雄最高顧問と白石興二郎オーナーにシーズン終了の報告を行い、2年契約の2年目となる来季へ「新たにチームをしっかりとつくっていきたい」と抱負を伝えた。

 今季はリーグ3連覇を果たしたが、クライマックスシリーズで阪神に敗れた。渡辺最高顧問との雑談では、シーズンで100通りを超えた打順の話にもなったという。今季は打線が低迷し、打順を固定できなかった。原監督は「あまり変わらないようなチームを目指しますというお話はしました」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月20日のニュース