立大 先発の1年生・藤田が1死しか取れず5失点KO

[ 2014年10月20日 05:30 ]

東京六大学野球第6週第2日 立大1―8早大

(10月19日 神宮)
 立大は開幕からの連勝が7で止まった。先発した1年生左腕・藤田が初回に3四球を与える制球難で1死しか取れず5失点で降板。

 打線は7回に佐藤拓の右犠飛で挙げた1得点に終わり、溝口智成監督は「何もできなかった。(藤田は)1年生だし、こういうこともある。仕方がない。これくらいやられた方が後に引かない。切り替えていきます」と、20日の3回戦に目を向けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月20日のニュース