移籍2年目の吉村、MVP獲得「強いチームに来れてよかった」

[ 2014年10月20日 22:43 ]

<ソ・日>4回2死一、三塁、右前にタイムリーを放ちガッツポーズをする吉村

パ・リーグCSファイナルS第6戦  ソフトバンク4―1日本ハム

(10月20日 ヤフオクD)
 今CSで5安打6打点をマークしたソフトバンク・吉村がMVPを獲得した。第1戦で逆転サヨナラ打を放ち、第5戦では大谷から先制打。この日は4回、1点を先制した後の2死一、三塁から右前適時打を放った。

 「最初はファーストで出してもらって、それからDHになって代打のつもりで行こう、と。その結果がいい方向に向いてよかった」。

 DeNAから移籍2年目。初めて経験するCSの第1戦でヒーローとなったが、第2、3戦は無安打に終わった。だが、指名打者で起用された第4戦から3試合連続の安打(打点をマークし、3年ぶり日本シリーズ進出に貢献した。

 「日本ハムさんは強かったですけど、ホークス全員で勝つことができた。ボク自身は強いチームに来れてよかった」と吉村。阪神との日本シリーズに向け「きょうはきょうで喜んで、また明日からしっかり準備したい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月20日のニュース