稲葉代打安打で流れ変えた「来年もやってこいつらの成長見たい」

[ 2014年10月20日 05:30 ]

<ソ・日>7回2死一塁、代打・稲葉は中前打を放つ稲葉

パ・リーグ クライマックスシリーズ 日本ハム6―4ソフトバンク

(10月19日 ヤフオクD)
 まだ現役生活は終わらない。流れを変えたのは、稲葉の一打だった。0―4の7回2死一塁。代打で登場した。「ソフトバンクのファンもジャンプしていた。ひょっとしてこれが最後の打席になるのかなと思った」。CSの敵地で「稲葉ジャンプ」をしてもらえると思っていなかったが、球場全体に生まれたわずかな隙を逃さなかった。ソフトバンク2番手の森からライナーで中前へ。大野の適時二塁打、西川の適時三塁打を呼び込み、1点差に迫った。

 8回には弟分の中田が同点弾。「あいつから“一日でも自分と長くやりたい”との思いが伝わってきた」と喜んだ。CSでは目に掛けてきた若手が次々に活躍。「これで安心して引退できる。ただ、来年もやりたい気持ちが出てきた。こいつらがどれくらい成長するのかを見てみたくなった」。CSでは全て代打で5打数3安打。稲葉の一打がチームに神懸かり的な力を生んでいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月20日のニュース